SEのシゴトとは?

SEのフィールドはイロトリドリ。
めざす道も可能性もその人ごとに違います。

TSDはフットワークが良く小回りの利く会社で、何でも自由にできるという面と、1人の力でなくチームの力でシステム開発を進めるという面を持っています。システム開発はお客様の問題を解決するためのものであり、その問題と解決策(ソリューション)は、企業の経営環境の複雑化とシステム技術環境の進展に伴って、いま非常に多様化しています。
しかもTSDでは、ソリューションの提案からシステム導入後の運用サポートまで、関わる業務はとても幅広いものがあります。ですからSEといっても、1人で何でもこなせるSEなんて不可能。一人ひとりが自分の得意技術とスキルを磨き、チームで協力して1つのプロジェクトを進めていく。TSDは、そんなイロトリドリなエンジニア集団を目指しています。

SE(システムエンジニア)とは

~SEが関わる業務(システム開発・導入の流れ)~

Work
of
SE

改善提案
お客様の課題をとらえて、その解決策として新システム導入による業務改善を提案します。
システム設計
お客様の業務の流れを把握し、システム化で必要になる性能と機能を明確にし(要件定義)、システムの全体像を設計します(基本設計)。ここまでを上流工程と呼びます。
プログラム開発
システムを構成する各処理の流れを描き (詳細設計)、それを基にプログラムを開発します。これをテスト(単体テスト)してミスを修正し、その後複数のプログラムをつなげてテスト(結合テスト)します。
システムテスト・稼働
プログラムを統合して出来上がったシステムをお客様の現場で実際にテスト稼働し、問題点を改修します。合格すれば古いシステムから移行して新システムを本稼働します。
運用サポート
システム説明書、操作説明書を提供し、説明会や講習会を行い、お客様の利用が開始されます。その後も、操作方法のお問い合わせやメンテナンスに対応する運用サポートを続けていきます。

SEのやりがいとは何だろう

  1. 01ゼロから
    「カタチ」を作る喜びがある

    • お客様の困りごとに応えて、「こんなことできたらいいな」を
      実現するソフトとシステムを、ゼロから作り上げる喜びがあります。
    • チームに参加し、チームをまとめ、困難を乗り越えて全員で
      プロジェクトを成功させる達成感、充実感を得られます。
  2. 02多くの出会いの
    楽しさがある

    • 大小問わず、様々な業種の様々な会社の方との出会いがあり、
      新しい人間関係ができていく楽しさがあります。
    • コンピュータメーカー、通信機器メーカーや、ともにプロジェクトに加わる
      同業のシステム会社との交流があり、人と技術の刺激があります。
  3. 03実力をつけ、
    評価されるやりがいがある

    • 業務システムは経営に直結しているので、お客様企業の経営者とも直接対話する
      ことがあり、直接提案や構築システムへの評価をいただけます。
    • プロジェクトの壁を超えるごとに実力がつき、
      自分の力でお客様の業務やシステムを動かすことができた実感が得られます。

~希望と公正な評価によるキャリアステップ~

  1. Step_01

    SEとしてのキャリアは、通常プログラミングの習得と実際のプログラム製造からスタートしますが、その時進行しているプロジェクトの状況によって、先輩SEのアシスタント的業務からスタートするということもあります。

  2. Step_02

    プロジェクトの部分的業務や、システムの一部改修といった小規模プロジェクトの経験をしながら、徐々に任される業務範囲を広げていきます。プログラムの打ち合わせやお客様との打ち合わせなど、折衝の仕事も増えていきます。

  3. Step_03

    プロジェクトの全体の流れがわかってくると、本人の希望も考慮しながら、小さなプロジェクトのリーダーや、大きなプロジェクトの中の1チームのリーダーを任されるようになります。チームのマネジメントとお客様との折衝の比率が増えてきますし、メンバーの育成も重要な業務になります。

  4. Step_04

    リーダー経験を重ねて、徐々に大きなプロジェクトでの責任あるポジションに就いていきます。プロジェクト全体をまとめるプロジェクトマネージャーも任されるようになります。

  5. Step_05

    こうした仕事上のステップアップと並行して、役職の昇級があります。役職としては主任、課長、次長、部長、執行役員などがあります。昇級・昇給は、本人と上司、人事との話し合いによって、その人ごとの年間目標の達成度や、業務での成果、獲得した能力を公正に判定して決められます。