SEを目指す後輩に教えたいのは、 常に使う人の立場に立った システム開発ということ。

Katsuya_Yamanaka

山中 一弥

2009入社 産業社会学部卒

Section_01

人と話すのが苦手だった私も
SEとして成長している。

就活のときは業種にとらわれず営業系会社を回って、ある産業用機械の商社の内定をもらったのですが、VTRを見てこれはダメだと思いました。飛び込みの営業でお客様と話をしているVTRで、自分には向いていないと思ったのです。それで方向を変えてIT業界も知っておこうと思い、合同説明会で地元に近いTSDを知りました。説明会の中で「少数精鋭」という言葉を聞き、力をつければ中心となって仕事が出来る事に魅力を感じエントリーを決めました。入社後は、お客様と話をする自信が無かった為、外に出ないで済むプログラミングの仕事を希望してスタートしました。

尊敬する先輩に憧れ、
自らSEを志願

プログラミングを覚えながら1年が過ぎて考え方が変わりました。尊敬する先輩のSEを見ていると、様々なお客様とコミュニケーションをとる中で信頼関係を築いて、大きなシステムを開発しています。私もそのような仕事ができるようになりたいと考えるようになり、上司とも相談して2年目の後半からSEの仕事に加わるようになったのです。
今では大きな開発プロジェクトをリーダーとして任せてもらうようになり、初めから最後までやり遂げてお客様からも評価してもらえるという経験を積んでいます。最近完成したシステムは、ゼロからの開発で1年半をかけたプロジェクトでした。やり切ったという達成感を感じることができた、やりがいあるプロジェクトでした。

Section_02

私たちがしっかり教えますから、
知識ゼロでも大丈夫。

システムが完成してお客様から、「こんなこともできるのか」「こういう機能が欲しかったんだ」と喜んでもらえた時がいちばんうれしいです。これでいいと満足せず、常に使う人が何を望んでいるのかを考えて、もっと使いやすくもっと価値のあるシステムを目指して開発しています。新人に教えるときも、そうした考え方を話すようにして、使う側として考えることが大事だと教えています。後輩の成果にそれが表れて、お客様から褒められると、私自身うれしくなります。

社員同士の距離の近さが
魅力

入社前はこの仕事が自分にできるのか不安なものですが、知識ゼロでも心配は要りません。同じ経験をした社員が教育委員会を作って考え、年々新入社員教育も充実させています。少人数の会社ですから、社員の間の距離の近さは魅力の1つだと思います。
将来やってみたいことは、自社の強い武器となるようなシステム製品をつくることです。提案することは全然オーケーな会社で、上にプレゼンして評価されれば新しい仕事として採用されます。いつかやりたいと思います。
3年前に結婚して、最近一戸建てを建てました。地元で働き続けられる独立系IT企業というのは、あまりないような気がします。

Private

バドミントンを週2回

大学まで野球をやっていましたが、今は妻がやっていたバドミントンを一緒にやっています。練習は週2回ほどやっていて、地域の大会にも出ています。

Message

少数精鋭の独立系IT企業で、お客様の信頼を集めるSEになろう。