人事メッセージ

自身のスキルアップ・能力開発を意識して
次のプロジェクトへ

様々なスキルを持つエンジニアの協力が必要

TSDでは現在、多様なエンジニアの育成を考えた教育体系の再構築を進めています。以前は高いスキルを持ったエンジニアがシステム開発を幅広くカバーすることができましたが、現在ではシステムインフラが多様化し、構築するシステムも複雑化しているため、様々なスキルを持ったエンジニアがコラボレーションしなければ1つのシステムをつくり上げることが難しくなっています。

自分の強みを育てることを考える

そうした状況に合わせて、エンジニアも自分の得意分野を持って成長することで、様々な分野で活躍できる機会が広がっています。単に優れたSEを目指すというのではなく、その中で自分がどのような強みを持っていくのかを考える必要があります。また、SEだけでなくプログラマーに対しても、独自の技術力を持つ専門性の高いプログラムエンジニアとなることが求められています。TSDではそうしたニーズに対応して、教育や研修のプログラムも多様化させながら社員の希望に応えていきたいと考えています。

最大の成長機会は参加するプロジェクトにある

スキルアップ、能力開発には教育や研修も大事ですが、いちばんの機会はやはり実際の業務経験の中にあります。TSDでは、若手社員にそうした成長機会を得てもらうために、本人の希望も聞きながら、次に参加するプロジェクトやプロジェクト内での役割や担当を決めていくことが大事だと考えています。

総務部 部長 古手 泰貴