大きなプロジェクトに 最初から最後まで参加し、 チームで進めるシステム開発を学んだ。

Yuta_Kikuchi

菊地 祐太

2012年入社 理学部卒

Section_01

いきなりSEになって5年、
様々なシステムを開発してきた。

理系といっても学科は生物化学だったのでITはまったく知識なしでした。文系の人と変わりなかったと思います。SEを希望して入社しましたが、通常は最初にプログラマーとして1~2年経験してから少しずつSE的な仕事をしていきます。ところが私の場合、研修が終わったところでいきなり、始まったばかりのあるシステム開発プロジェクトに加わり、先輩SEに付いてSEの仕事から勉強することになりました。
システム開発の1番上流からだったので、お客様の業務を分析し、システム化に必要な資料を作り、基本設計をつくるという仕事を先輩に付いてただがむしゃらにやりました。こうして始まったプロジェクトは最大10人のチームで進み、私は3年目の春の完成時までずっとメンバーとして仕事をし、システム開発における全ての工程を体験したのです。

プログラミングの経験が少ない反面、
自由な発想ができる。

私はこのプロジェクトで、上流の仕事には意外と自由度があることと、全ての仕事はチームワークで進められることを実感しましたし、何よりこの2年間で鍛えられSEの基本を学ぶことができました。このプロジェクト経験無しに今の自分はないと思っています。
今は青森のスーパーに導入するシステムを6人で開発中です。人と違ってプログラミングの経験が少ないため迷うこともあるのですが、SEとしては自由な発想ができる利点もあると思っていますし、ゼロから開発するプロジェクトにやりがいを感じています。
今後やってみたいと思っているのは、タブレットとWebを使うシステムの構築です。システム提案をできるようになりたいです。

Section_02

いつも新しいことに挑戦しながら、
弓道はずっと続けていく。

大学ではPCをやらなかったので、就活で「知識なしでもオーケー」と言われても実際は不安でした。でも本当に大丈夫でしたね。また、IT業界は残業が多いというイメージもありましたが、実際には、波はあるものの特に残業が大変ということはありません。
TSDに応募した時の面接で、当社では常にチーム単位でプロジェクトを進める、と言われて魅力に感じたのが入社のきっかけでした。高校の部活で、チームで協力して目標に向かう良さを知っていたからです。実際、TSDではチームで仕事をします。担当を決めているといっても固執はせず、カバーし合って連携をとって導入に至るというチームの強みがあると思っています。

SEは
人と会うのが仕事

システム開発の仕事は、一人で頑張ってなんとかするという仕事ではありません。チームの一体感があってこそいいシステムができ、仕事の魅力が発揮されるのだと思います。そしてその全体に関わるSEの仕事は、きっとあなたが思っているより人と会うことの多い仕事です。人と会うのが仕事と言ってもいいほどです。
私の場合、入社前は人見知りで初めての人に会うと緊張する人間でしたが、やってみると意外と大丈夫なものです。何回か会えば分かり合えて、話すのも楽しいと感じます。このお客様のためにいいシステムをつくりたいと思い、SEの仕事にやりがいを感じるようになります。

Private

弓道を続けています。

高校(藤代高校)からやっている弓道を、今も自分で「蒼藤会」という県連盟の支部をつくって続けています。この名前は、高校の自主学習施設の建物の名前から付けました。練習日は週5日!仕事のことを忘れられます。

Message

チームで一体感を持って目標へと進む。そんな魅力の感じられる仕事です。