1年目はプログラマーとして業務し、 2年目から特定のお客様を担当する 営業的SEへ。

Yoshito_Sasaki

佐々木 亮人

2013年入社 社会システム科学部卒

Section_01

エンジニアとしてお客様の業務を
支援し、受注につなげる

私は、就職先を選ぶには会社の雰囲気を見ることが大事だと考えていました。TSDに決めたのも、説明会で1つ上の先輩と話す機会があって雰囲気の良さを感じ、会社を見学してそれを確認できたからでした。
入社後1年目はプログラム製造をやって、2年目から大きなお客様2社を担当する営業的なSEとなりました。営業といっても実際には技術的な業務がメインで、朝本社を出るとほとんど1日中お客様企業にいて、システム担当者や現場のユーザーの問い合わせや相談に応えて、問題点の改善や保守作業を行っています。倉庫管理システムや棚から商品を選び取るピッキングシステム、Webの発注システム、販売管理などの基幹システムまでに関わっています。

お客様のためになる
システムの提案

日頃のお客様との会話の中で、新しいシステムを追加したいという話も出てくるので、それを受注案件化してシステムの基本設計も自分で描いたうえで社内のSEに引き継ぎます。
この担当している仕事のいいところは、良い点も悪い点もお客様の声をダイレクトに聞けることです。お客様の業務を十分理解し、一歩踏み込んでお客様の現場を考えたシステム提案ができるのが強みだと思っています。
他社の営業担当を見かけることもありますが、売り込みの姿勢をありありと感じてしまいます。当社の場合、そのような売り込み型の営業はしませんし、きっと売れると思うシステムでもお客様に合わないと思ったら絶対お勧めはしません。そうしたお客様との接し方が私たちSEや営業に共通していて、TSDの社風になっていると言えるかもしれません。

Section_02

お客様に一歩踏み込む姿勢と
「人」の良さがこの会社の魅力。

去年から、新規のお客様を開拓しようと自分から動いたのですが、担当しているお客様の仕事が忙しくなってしまい中断してしまいました。初めて会ったお客様からの手応えは感じているので、現在の仕事がひと段落したら新規開拓を再開しようと営業の戦略を練っています。新規営業も楽しんでできるSEという仕事のしかたがいいなと思いますし、木村社長のように、お客様と経営視点でシステムの話をするのを聞くとナルホドと思います。SEの仕事はとても幅広いです。

後輩には
本当のSEになってほしいから

入社5年目になって後輩の育成に当たる機会も増えましたが、教えるというのはとてもやりがいがあります。後輩に対しては一からすべて教えるのでなく、わからないところは自分で考えさせるようにしています。考えることで成長につながるはずです。お客様の立場で考える開発エンジニアとして育ってもらいたいですし、本当のSEを目指してほしいと思っています。
この会社は、誰かの仕事が大変になると、みんなで助けに入るという感じで団結感いっぱいです。私はTSDへの入社を雰囲気の良さで決めましたが、今もこの会社の魅力は人と人の関係の良さだと思っています。

Private

柏レイソルファン

小学生の頃から柏レイソルのファンで、今も応援に行きます。自分でする方ではフットサルを楽しんでいます。

Message

TSDの良さは「人」です。
会社の雰囲気を確かめに来てください。