Package System

ユーザー企業の業務を的確に把握し、
1社ごとに異なるカスタマイズ開発を進める。

Section_01

導入支援が中心のパッケージソフト事業

オーダーソフト開発事業と並んで、TSDのシステム開発分野の柱の1つになっているパッケージソフト事業。パッケージソフトとは、ある業務や業種のために作られた既製品のソフトウェアで、多くの企業ですぐに使えるよう汎用性が高く作られています。これに対して、特定の会社の委託を受けて開発されるソフトをオーダーソフトと呼びます。
パッケージソフト事業では、お客様がパッケージソフトを使ったシステムを導入する際に、多岐にわたる技術的な導入支援を行うことが中心的な業務となります。

Section_02

導入支援で重要になるカスタマイズ開発

パッケージソフトを導入する場合、汎用性が重視されたソフトであるだけに、自社の業務の運用に合わせた変更が必要であったり、独自の利用法のための新しい機能が必要になることが多くあります。そのためのソフトウェアの変更開発や追加開発を行うことをカスタマイズといい、これが導入支援業務の大きな部分を占めています。

Section_03

ERPパッケージ『SMILE』と
自社開発パッケージ『FOODMASTER』

TSDでは様々なメーカーのパッケージソフトの導入支援、カスタマイズ開発を行っていますが、最も実績が大きいのは大塚商会が提供する中堅・中小企業向けERPパッケージの『SMILE』です。
ERP(Enterprise Resources Planning)とは基幹業務システムとも言われ、販売、会計、人事給与など企業の根幹の業務を統合的にシステム化するためのパッケージソフトです。
TSDではSMILEの導入支援を行うとともに、2011年には、このSMILEと連携して稼働する食品業界向けの業務パッケージソフト『FOODMASTER(フードマスター)』を自社開発しました。FOODMASTERは現在、SMILEファミリー製品として全国で提供されています。

Flow

パッケージソフト事業の業務フロー
(導入支援)

  • 営業・受注

    ERPパッケージSMILEの場合、大塚商会やグループ企業が営業を行い、導入支援の委託先を決めます。TSDに委託されれば当社の導入案件となります。また、最初の営業段階からTSDが協力するケースもあります。

  • 業務分析

    お客様企業の業務を分析して、パッケージソフトがどこまで適合するか、修正や追加(カスタマイズ)が必要なのはどこかを明らかにします。これをフィット&ギャップ分析といいます。大塚商会が行う場合と、当社が行う場合とがあります。

    製品開発担当課長 
    田中 健

    パッケージ導入は、一から開発するのに比べて、導入時間とコストにメリットがあります。ただし、同じ業務でも業種によって、会社によって、流れや処理の仕方が違うため、自社のやり方に合ったシステムにするにはカスタマイズが欠かせません。

  • 設計

    お客様の要望をとらえ、パッケージソフトをカスタマイズして、どのようなシステムを実現させるのかを設計し、仕様書など設計書類を作成します。他のシステムとの連携を行う設計もあります。

    開発部 
    吉田 航平

    パッケージの特色と強みを生かしながら、その業務でユーザーが持つ独自性と競争力を発揮できるカスタマイズ設計を目指します。お客様とのコミュニケーションが大事です。設計がしっかりとしていれば、後のプログラム製造、導入後のメンテナンスで問題の発生を最小限にできます。

  • 製造(プログラミング)

    設計書に基づいてプログラム開発、プログラム製造を行います。まったく新しい機能を開発し、新技術と工夫で使いやすさをアップさせ、難しいシステム連携を成功させます。

    開発部 
    神原 梢江

    設計と仕様に基づいて、求める処理を的確に早く動作して実現する品質の高いプログラムを作ります。パッケージを扱っているので、プログラムの品質がパッケージへの信頼に影響しますし、品質に対する意識は高く保っていないといけません。

  • テスト

    製造したプログラムが正常に動作するかをテストし、その後、元のパッケージソフトと全ての新しいプログラムを結合して問題なく動くかをテストします。その後お客さまの環境に移してテストを行います。

  • 納品・稼働

    テストが完了してお客様の承認を受けて納品、稼働開始となります。

  • 運用支援

    導入時の設定の支援、操作方法のインストラクションなど利用開始を支援し、その後もお問い合わせへの対応、メンテナンス作業など、運用サポートを続けます。

    開発部 
    舘林 侑香

    新たにパッケージ導入されたお客様を訪問して、設定のお手伝いと操作方法のインストラクターとしての支援を行っています。システム上で日常の業務処理がしっかりできるようになるまで説明します。

メンバー

  • 自社開発のパッケージソフト
    を持つ強みがある

    手に職をつけたいと思い、パソコンを使う会社ということで当社を選びました。入社以来、パッケージ導入でのカスタマイズ開発を担当し、FOODMASTERの開発も行いました。津波で全社屋を流失した石巻市の水産加工会社で、1年かけて自動冷凍倉庫と連携するFOODMASTERのカスタマイズ導入を成功させて復興に貢献できたのが思い出のプロジェクトです。自分たちで作ったパッケージを導入できる強みとうれしさを感じました。TSDは頑張った人が伸びていける会社(社長は私と同期です)ですし、人間関係で仕事に悩むなことがない会社です。

    Takeshi_Tanaka
    田中 健
    1998年入社 経済学部卒
  • カスタマイズ設計技術の
    レベルアップに取り組む

    SMILEの販売管理パッケージの導入SEを経験し、FOODMASTERの開発に参加し、現在このパッケージのカスタマイズ設計、製造をメインに担当しています。全国のユーザーに対する運用支援や、大塚商会のSEや営業からの技術的な質問への対応も行います。私自身見やすい設計書作りを意識していますが、社内の設計業務のレベルアップを目指して、神原さんと共にSE・プログラマーの設計教育や設計書の標準化作業に取り組んでいます。仕事以外では、フットサルなど月1回の退社後イベントの企画をやっています。

    Kohei_Yoshida
    吉田 航平
    2006年入社 商経学部
  • 設計書を見て
    プログラムを考えるのが大好き

    パソコンで仕事、県内だけど独り暮らし、仲の良さそうな会社、ということで選んだTSDでした。ずっとSMILEを担当してカスタマイズでの設計とプログラム製造をやっています。FOODMASTER開発でのプログラム開発も担当しました。設計書からシステムの仕様と流れを読み取って、その実現に最適なプログラムを作り出すことにやりがいを感じます。こうしたらどうか、このやり方のほうが美しいかと考えていくのが大好きで、社内、社外からの問い合わせが私に回ってくることも多いです。入社9年ですが、TSDはやはり仲の良い会社です。

    Kozue_Kanbara
    神原 梢江
    2008年入社 コミュニティ振興学部卒